【イボ専用】首のポツポツ・ザラザラを首イボクリームで除去

Pocket


美容クリニックや皮膚科でしか首イボは治せない…と思っていませんか?

首イボクリームを使えば痛い思いをしたり、高いお金を使わなくても、毎日のスキンケアだけで首のイボがポロっと落ち、さらに首のザラザラだって解消されるんです。

家で簡単に首イボのケアができる!と話題の『首イボクリーム』。人気アイテムの中からさらにおすすめ度の高い順にランキングで公開!

当サイトは、首イボに有効な成分がどのくらい含まれているか・べたつきが気になる首にも使うことができるのかを判断基準にして選定しています。

大切なお肌のため、そしてお財布にも優しい首イボクリーム習慣をStartしてみましょう。

首イボクリームランキングトップ3

クリアポロン艶つや習慣シルキースワン
1,800円2,052円2,980円
ジェルタイプジェルタイプジェルタイプ
60g/1~1.5ヵ月分120g/1~2ヵ月分20g×2/1ヵ月分
首イボ×美白×エイジングケアコスパのよい大容量サイズ美容成分が非常に多い
星45個星4個星35個
公式HP公式HP公式HP

 

ヨクイニンたっぷりイボケア対策
クリアポロン
4.8
メーカーメニーナ・ジュー
価格1,800円
内容量1~1.5ヶ月分
2回目~5,440円
タイプオールインワンゲル
クリアポロン

クリアポロンは首だけでなく全身に使うことができます。美容成分が豊富に配合されており、美白やアンチエイジングにも効果のあるオールインワンゲルです。

お肌を滑らかに保ち、イボ対策に効果的な4つの成分【水溶性・脂溶性のWヨクイニン、あんずエキス、ダーマヴェール】配合。その他、うるおい成分のセラミドをはじめ、アンチエイジング成分のEGF、美白成分のビタミンC誘導体なども配合されています。

さらに美容成分が95.8%という高配合で、これひとつで一段上の全身スキンケアが叶います。イボケアのコスメでありながら、様々な肌のお悩みをカバーする力を持った商品です。

艶つや習慣プラス
低価格で試しやすいヨクイニンジェル
艶つや習慣プラス
4.4
メーカーアクアビューティー
価格2,052円
内容量1~2ヶ月分
2回目~3,283円
タイプオールインワンゲル

艶つや習慣プラスは首イボケアに有効な成分と、首・デコルテのスキンケアに効果のある成分が配合され、マッサージにも使える美容ゲルです。

リニューアルされ、あんずエキスやハトムギエキスなど、肌をなめらかにする成分が従来品の5倍にパワーアップしました。さらに、プラセンタエキスやアロエベラなど、お肌にうるおいとハリを与える成分も高配合されています。

伸びがよく、マッサージに適した使い心地です。大容量なのも、気兼ねなく使えるポイントです。イボ対策だけでなく、首全体のスキンケアに重宝できるオールインワンゲルです。

シルキースワン
持ち運びに便利ミニケース
シルキースワン
4
メーカーhoconico
価格2,980円
内容量1ヶ月分
2回目~5,400円
タイプ美容ジェル

シルキースワンはサラサラなのにしっとり保湿できる首イボ専用ケアコスメです。しかも伸びがとても良く、マッサージの際にも利用できます。

ヨクイニン・ハトムギ種子エキスはイボに効果があると言われ、さらに杏仁オイル、キハダ樹皮エキス美容成分を配合。毎日のケアを続けることでイボが除去できたという声も。

角質粒ケアだけではなく上質な保湿成分【スクワラン・プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸】が含まれており、オールインワンな機能を合わせ持っている商品です。

4
APRIAGEオイルS
APRIAGEオイルS
4
メーカーAiB
価格7,582円
内容量1ヶ月分
2回目~7,582円
タイプ美容オイル

アプリアージュオイルは、イボの原因といわれる皮脂膜の乾燥をしっかりガードし、つぶつぶ・ぽつぽつを滑らかにする杏仁オイルとヨクイニンをたっぷり配合しています。

100%天然由来のオイルのみを使用しているため得られる期待も非常に高いといえるでしょう。しかし、その分とてもデリケートな使い方が必要となります。

オイルタイプなので、ジェルタイプとまでとはいきませんがマッサージにも向いています。お肌への浸透は早く、角質ケアやスキンケアの両方をカバーできる優れたオイルです。

5
アンミオイル
アンミオイル
3.8
メーカージーランドビフー化粧品
価格980円
内容量1週間分
2回目~6,650円
タイプ美容オイル

熱に弱い貴重な有効成分(ビタミン・ミネラル・芳香物質など)が全てオイルにキープされています。加熱された杏仁オイルは全く使っていません。

アンミオイルの特徴は、なんといっても皮膚につけるとすぐに消えてなくなり、そのあとは潤いがしっかりと残っている点です。つまり、美容オイルの中でも浸透率が特に高いということが言えます。


6
ぽっつるん
ぽっつるん
2.8
メーカードリーム
価格3,800円
内容量1ヶ月分
2回目~3,800円
タイプ軟膏

ケアするうちにツルルンお肌にする軟膏クリームです。2大有効成分(保湿成分)【ハトムギエキス(ヨクイニンエキス)・リピジュア】が配合されています。

お肌の衰えが原因であるぽつぽつ角質のイボに留まります。それは、しっかりしたクリームタイプだからです。留まるからこそ、患部をしっかり包み込み、皮膚を柔らかくすることで、滑らか肌を驚くほど実感できます。

7
首美人
首美人
2.5
メーカーライトアップジャパン
価格500円
内容量1ヶ月分
2回目~4,500円
タイプ美容ジェル

首もとの角質を取る成分に加え、美しい肌を取り戻す成分【オウバクエキス・ヨーロッパブナエキス・ハトムギ種子エキスなど】が配合された美容クリームです。

角質層まで届く優しい香りとサラサラとした使い心地です。ボトル形状のため酸化しにくく、利用する量のみ取り出せて衛生的です。


8
ポロポロとれる杏ジェル
ポロポロとれる杏ジェル
2.5
メーカーフレージュ
価格2,500円
内容量1ヶ月分
2回目~2,500円
タイプ美容ジェル

杏ジェルはパルミトレイン酸が含まれていて、エステなどでも使用される人気の成分です。

ジェルを患部につけ、マッサージするように優しくなじませれば古い角質がポロポロとれ、いつもつるスベうるおいお肌へ。

おすすめの首イボクリームってどれなの?

最近になって首イボクリームはたくさん目にするようになりましたが、「結局どれを選べばいいの?」と選択に迷ってしまうかもしれません。

今人気のある商品をこのランキングで紹介してきましたが、その中で実際に編集部でお試ししてみた結果『これが1番おすすめできる!!』と思った商品は『クリアポロン』です。


  • 圧倒的に使用感が良い<サラサラ感・後肌>
  • 小さいイボ・首のザラつきが短期間で改善された
  • 安いうえに安心な返金保証がついている
チェック クリアポロンのお試しレビューはこちら>>

首イボクリームで対応できるイボのタイプは?


首イボクリームが対応できるものとして『老人性イボ』は効果的です。それとは逆に化粧品自体が合わないタイプのイボがあります。『ウイルス性イボ』と言われるものです。ヒトパピローマウイルスに感染することで発症(扁平疣贅・尋常性疣贅など)します。

チェッククリームで除去可能…【老人性イボ(老人性疣贅)】長年ピンポイントでずっと取れないイボ
症状名…スキンタッグ/アクロコルドン/軟性線維種(なんせいせんいしゅ)など

チェッククリームで除去不可能…【ウイルス性イボ(ウイルス性疣贅)】短期間のうちに広範囲に広がるイボ
症状名…糸状疣贅(しじょうゆうぜい)/扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)など

首イボに効果があるといわれるヨクイニンの効力はもちろんありますが、クリームで伸ばす化粧品がゆえにスキンケアと同時にウイルスも拡大させてしまうことになります。それでは短期間の間にイボが広がることにつながります。

ウイルス性イボで1番の対処法はとにかく『イボに触れないこと』です。拡大しなければ自然に消えるイボがほとんどのため、むやみに触れて拡大させないようにするのが1番。しかし、より早く治したい場合は皮膚科に相談したほうが良いでしょう。

これは首イボ?

首にできる全てのブツブツがイボというわけではありません。逆にイボに見えない場合も首イボの可能性はあります。しかし、以下の症状に当てはまる場合、首イボである可能性が高いでしょう。

  • 首に触れるとザラザラしている
  • 首にぽこっとした感触がある
  • 首につけるアクセサリーが引っ掛かる気がする
  • 併せて脇やデコルテにもブツブツができている
  • 併せて目の周辺にもブツブツができている
  • 褐色の小さなニキビっぽいものが首元~胸元にかけてできている
  • 見た目は通常でも触れるとポツポツとした感触がある

首イボで一番効果的なのは見えにくい初期段階からの対処です。いきなりの手術は不要だと考えますが、放っておくことはよくありません。クリームなどで初期段階から早めのケアが必要です。

首にイボができる原因って?


ウイルス性の首イボができる原因の多くは感染ですが、老人性イボに関しては乾燥が一番の原因です。これは加齢に伴い発生率が上昇していきます。

主にスキンケア不足や紫外線ダメージによるバリア機能低下が原因で首の乾燥を招いてしまいます。日焼け止めやクリームを塗る際、顔にはしっかりと塗ってはいるものの、デコルテや首まで塗る人は少なく、首イボ患者は年々増加傾向です。

年齢肌にできやすい角質粒

首イボの正体、それは角質粒という良性腫瘍です。これは、30代以降の年齢からできやすくなります。これはターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が乱れ角質がたまることによりできるためです。

<年齢肌→乾燥肌>に変化していく

30代以降になるとホルモンバランスの関係上、お肌は日々のスキンケアを怠ることで乾燥肌に変化していきます。首イボへの第1歩となるのはこの乾燥です。しかし、乾燥させないよう毎日しっかりとスキンケアをしていれば首に吹き出物などができる可能性はグンと減少します。


肌内部のターンオーバーが乱れる

ターンオーバー・新陳代謝(角質細胞の生まれ変わり)が乱れる原因として、肌内部から乾燥していることが挙げられます。具体的にいうと、古い角質細胞が排出されるタイミングと新しい角質細胞が生まれるタイミングがミスマッチとなります。そのため、お肌の表面は古い細胞(ガサガサ・ゴワゴワ)のままとなってしまいます。


排出されない不要な角質/老廃物が肌の表面にたまる

ターンオーバーが乱れることでお肌の表面に古い老廃物/角質が排出されずたまっていき、ひどい場合には、たまった角質がお肌を刺激し、痒みを発生させてしまうことがあります。つまりボリボリと掻いてしまうことで粉が吹くようになり、角質を強制的に排出させている状態になってしまいます。


積み上げられた角質が集合体(角質粒)となる

良性ではあるものの、腫瘍の一種が完成するプロセスは、排出しきれない古い角質の下に、また新たにできた古い角質が積み上げられて、1つの集合体となるためです。これを『角質粒』と言います。いわゆるこの角質粒は首イボの赤子のようなものと言えます。


イボの正体は大きくなった角質粒

首イボは角質粒が紫外線の影響を受け、悪い方向に育っていくことで出来ます。メラニン色素の影響で褐色になる、大きくなる、さらにはこのような状態になると首回り全体のお肌がボロボロになります。触るとお肌はカサカサ・ゴワゴワで痒みや赤みなどが発生する原因となります。

加齢に伴い乱れていくお肌のターンオーバー。さらに、日々の紫外線対策を怠ってしまうと簡単にデコルテや首にポツポツとイボが発生してしまいます。

首イボを治す方法。効果的なのはヨクイニン


首イボは一度できてしまうと簡単に除去はできません。『気になり触ってしまう→悪化』という負の流れとなってしまい悪循環です。早めの治療が得策でしょう。

除去するには、美容皮膚科などが最短最速の治療になりますが、効果的な反面で莫大な費用は免れないでしょう。そこで効果の高い方法として、ハトムギ種子やハトムギに含まれるヨクイニンを紹介します。

イボを柔らかくするにはヨクイニン

イボは角質粒でもあり硬くなっている状態の角質です。その硬くなった角質を柔らかくする作用があるのは、ハトムギに含まれるヨクイニンです。イボが大きくなってしまった場合、時間をかけケアする必要がありますが、まだ初期段階のイボ予備軍を早い段階でケアすれば比較的簡単に除去することが可能です。


首の保湿で正常なターンオーバーへ

まずは、ヨクイニンケアと同時に首の保湿ケアも進めていくことでイボのできやすいお肌(ターンオーバーの乱れているお肌)を改善していきます。イボを除去できても乱れたままのお肌では再び首イボが発生してしまうためです。


首イボの除去後はイボができにくいお肌へ

まずはダブルケアです。イボケアに効果的なヨクイニンと首の保湿ケアで今ある首のイボを除去。さらにこの先首イボができにくいお肌を作り上げることで治療完了です。この段階になると今までの悩みも解消され素敵な首として自慢のパーツの一部になっていることでしょう。なお、原因が乾燥であれば首以外のお肌のトラブルもこの手順で改善することができます。

【ヨクイニン入り】は必須!首イボクリーム選びの大前提です

セラミドなどお肌に良さそうな成分もあればなお良いですが、ヨクイニンがたっぷり配合されているクリームがイボに対して一番有効なクリームといえます。今後は首イボ除去用クリームを選ぶ際には配合されている成分に注目することを意識してください。

効果的に首イボ対策するには、ヨクイニン、さらには杏仁エキス(アンズエキス)もプラスされていればなお良いでしょう。

首イボ対策に化粧品を!専用クリームの効果は?


ヨクイニンや杏仁オイルを配合している保湿化粧品は首イボの対策にはうってつけ。首の皮膚は密着することの多いの特質上、塗った後にベタベタせず、サラサラ後肌のクリームがおすすめです。

しっとりしすぎている顔用の化粧品を塗ることにより、ニキビなどの吹き出物が逆にできてしまいお肌のトラブルになってしまいます。

選ぶとすれば…美容オイルならば、大量生産の人工オイルではなく、不純物の少ない純粋天然オイル。クリームならば、油分の少ないジェルタイプのものを選ぶと良いでしょう。

注意すべきは、首のスキンケアは化粧水だけ

首のスキンケアに化粧水のみを使用する人は「ベタつくのが嫌」という意見が多いようです。しかし、化粧水のみはおすすめできません。理由は保湿ケアとして化粧水のみでは完了しないからです。

化粧水はサラサラしてお肌に浸透しやすいため簡単に水分を補給することができますが、その反面水分を留めておくことができません。つまり、水分を逃がさないためにクリーム・乳液の重ね塗りをし、水分を留めておくことが必要になります。

首イボ除去方法。皮膚科?自宅ケアどちらが良い?


皮膚科?それとも自宅ケア?首イボ除去方法を選ぶ際のメリット、デメリットを解明しました。

<皮膚科>で首イボ除去をする場合

まずは、美容皮膚科やクリニックなどで首イボ除去・治療をする場合です。メリットはプロによる治療での安心感でしょう。しかし、デメリットは高額の治療費が必要となることが挙げられます。

また、イボの種類によって治療方法は異なります。

レーザーでの治療

イボ組織の全体を一瞬で焼き、蒸発させる炭酸ガスレーザーを利用して除去する方法です。この炭酸ガスレーザーが利用されるのは、アクロコルドンや比較的突起の小さな軟性線維種の治療です。

この治療は保険適用外のため高額となりますが、やはり一番即効性のある首イボ除去方法になります。

液体窒素での治療

液体窒素治療は、液体窒素(-200℃前後)でイボを固め治療します。この除去方法は、液体窒素を用いてイボをひとつずつ固めます。そのため、広範囲にイボが広がっている場合は費用がかさむ可能性があります。

液体窒素治療はつまめるイボ(スキンタッグ/突起物のイボ)が対象です。液体窒素によって固められたイボは約2週間ほどで自然に落ちてなくなります。

ハサミでの切除治療

ハサミで切除をする治療方法です。スキンダック(突起物のイボ)という種類の除去に選ばれ、イボが小さいほど出血・痛みも少なく済みます。

痛みを伴うものであれば麻酔を打ち、専用のハサミで切除します。しかし、ごく小さなものであれば麻酔は不要でしょう。

  • メリット…即効性のある首イボ除去。専門家による除去のため、安心して治療ができます。
  • デメリット…保険が効かない、さらに通院が必要となった場合には料金が高額となるでしょう。また、人に患部を見せることへの羞恥心がある方には抵抗があるでしょう。

<自宅ケア>で首イボ除去をする場合

自宅での首イボ治療は手軽にできますが、安全なものから危険なものまであります。理想は「無料で・安全に」ですが、それをすべて叶えることは現実的ではありません。

近年、人気が急上昇しているのがイボ用のクリームになります。「手術などで莫大な出費はNG」「手軽にケアしたい」という方に最適です。

  • メリット…料金は安く抑えられます。そして、誤った方法でなければ効率よく改善ができ、誰にも見られず首イボを除去することができます。
  • デメリット…知識不足による誤った方法を選ぶと首イボが悪化する可能性があります。少なくともターンオーバー周期1回分は地道なケアが必要となります。

おすすめできないご自身での首イボ治療方法は?

おすすめできない方法として、主に2つあります。①イボコロリを使うこと②ハサミで切除すること。これらは首イボを除去する場合、絶対にやってはいけない治療方法です。

  • イボコロリを使用…皮膚の薄い首などに使用すると肌荒れを起こす可能性があります。方法を誤ると赤く腫れあがり症状が悪化します。本来、イボコロリは足などの分厚い皮膚に使うための医薬品です。
  • ハサミで切除…ハサミは皮膚科のプロが用いることが大前提です。専門知識なしにハサミで切除することは言語道断。ウイルスが傷口から侵入してしまうため、適切な治療が必要です。
【首イボクリーム】どれだけの期間使えばイボは取れるの?

お手軽な費用から始められる首イボクリーム。とはいえ、継続して利用しなければ効果を発揮することはできません。それでは、実際どれだけの期間利用することでイボを除去することができるのでしょうか。

それは、遅くても3ヵ月で効果を実感できたケースが多く、早い人は約1ヵ月でつるスべ首になったという口コミあります。これは年齢(肌周期の違い)や首にできたイボの種類、で大きく差が出るようです。

口コミの良い人気クリームと併せてマッサージを行うことが首イボ除去への近道となるかもしれません。実際、効果が早い段階で出た人はクリームを活用し、首のマッサージも行っていたようです。

チェック首イボ用クリームできる簡単なマッサージを紹介>>

自宅での首イボケアは除去クリームが効果的


自宅で安全、安心に治療していく場合は、ヨクイニン配合の除去クリームでイボにゆっくりと浸透させてはがしていく方法が効果的です。ハサミのような即効性を求めず、最低でも1ヵ月は継続してケアすることが必要です。

継続したイボケアがしっかりとできていれば首イボが徐々に硬くなります。その際、無理に引きはがすのは禁物です。自然とポロッと取れるまで待ちましょう。

スキンケアにも使える万能なイボ専用クリーム

近年のイボ専用クリームは美容成分が多く含まれているものが多いです。美容成分を確認し、より多く配合しているものを選びましょう(ヨクイニン・杏仁オイル・ヒアルロン酸・プラセンタなど)。

イボが取れたとしても大切なのはイボが再発しない皮膚環境です。再発しない皮膚環境を作るためには美容成分をしっかり浸透させることができ、首のマッサージも兼ねたスキンケアができるクリームがおすすめです。

特にゲルタイプがGOOD。マッサージ後のベタつきも少なくサラサラになりやすいため、快適なスキンケアライフが送れるでしょう。

チェック【人気急上昇中】クリアポロンは首イボに効果があったの?>>

みなさんは首イボ除去クリームでまず探すのは市販薬だと思います。現在ではドラッグストアに行けば豊富な種類の医薬品がズラッと並び、手軽に手に入る時代となりました。現在、イボ取りクリームは2タイプ(イボにピンポイントで塗るタイプ/ピーリングで角質粒を落としていくタイプ)のものが人気があります。イボ取りクリームは継続して利用することで効果を発揮することができる一方で、使用感がいまいちで続けることができなかったというパターンが多いようです。続けやすいタイプとして「オールインワンゲル」や「オリーブオイル」が人気があり大変おすすめできます。特に使用箇所など関係なく利用できる「オールインワンタイプ」のものは全身の肌のざらつきに使えるため、継続して利用することができそうです。また、オールインワン1つでスキンケアが可能なため、これらの相乗効果が評価を上げ、人気に繋がるのでしょう。